e-commerce Japan

2018.12.06

楽天GOLD(ゴールド)って何が出来るの?初心者の為のメリットと効果的な使い方まとめ


楽天RMSを見ていると度々目にする楽天GOLD(ゴールド)。
具体的にどんなことが出来る機能なのか、料金はかかるのかはっきり分からないから利用していなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
楽天市場内で成功しているショップのほとんどが楽天GOLDの機能を有効活用し売上を伸ばしています。
お買い物しやすく、クオリティの高いページを作るにはもはや必須と言えるので使わない手はありません。
そこで今回は楽天GOLDとは何か、利用するメリット等を分かりやすくまとめていきたいと思います。

▼目次

■楽天GOLDって何?

楽天GOLDとは、楽天市場内において無料で追加出来るサーバースペースの名称です。
RMS、R-Cabinetとの大きな違いは容量と自由度の高さです。
ページ情報を収納する為の大きくて便利な倉庫をイメージすると分かりやすいかと思います。
HTMLファイルやデザインに関わるcssファイルをはじめ、動きをつけるJavaScriptなども保管できるのでRMSで作るよりもオリジナリティのあるページが出来るということですね。

既に他サービスでレンタルサーバーを契約している場合でも、楽天市場のページに情報を反映させる場合には楽天GOLDサーバーは必要になります。
出店プランに関係なく無料で利用申請することが出来るサーバーですので、もっと自由にページを作ってみたい!という方におすすめです。

■楽天GOLDを利用するメリットは?

サーバーの容量と自由度の高さが楽天GOLDを利用するメリットであることは上述の通りですが、具体的にどの部分に差があって、どのようにページの見栄えに影響するかをピックアップしていきたいと思います。

・画像や動画を保管できる場所が増える
楽天GOLDサーバーは最大1GBまで申請することが出来ます。100MB~1GBまで申請時に選択することができ、1度申請した後でも100MBずつ追加申請することが出来ます。
それに対しR-Cabinetは画像の登録・管理に特化したスペースとなっており、ライトプラン・がんばれ!プランで500MB、スタンダードプランでは5GB、プロフェッショナルプランでは無制限になっています。
普段利用されている画像の保存スペースの他に、画像以外も保存出来る保存スペース(最大1GB)が追加出来るということになりますね。
また、R-Cabinetでは対応していないタイプの画像(PNG画像等)やにぎわいシステムもGOLDサーバーであれば保管することが出来ます。

・オリジナリティのあるページの制作が出来る
RMSで制作するデフォルトのページは「https://www.rakuten.co.jp/ショップID/」というURLになっていますが、「https://www.rakuten.ne.jp/gold/ショップID/」というURLの中に「gold」が入ったショップをご覧になったことがありますでしょうか。
これは1からオリジナルで組み立てたページで、GOLDページと呼ばれています。
RMSの編集ページは基本的な部分が既に楽天市場の方で構成されており、ショップ側がカスタマイズ出来る範囲(文字数や使用可能なタグ)に制限がありますが、GOLDページの場合これらの制限が無く自由に組み立てることが出来ます。
文字数制限が無い=たくさんのリンクや画像を1ページの中に載せることが出来るということになるので、トップページや、セール用の特設ページ等回遊性をアップさせたいページにGOLDページを適用すると効果的でしょう。
・使用可能なタグが増える
ページに動きをつけるスライドショーや、位置を固定して表示させるバナー・メニュー等、RMSの範囲では使用出来ないJavascriptやjQuery等のタグが使えるようになります。
また、店舗内売筋ランキングやキャンペーンバナー、カウントダウンタイマーなどを自動更新出来るにぎわいシステムを表示出来るようになります。これらのツールはページに動きを付けるだけではなく、常に最新の情報を自動で拾ってきてくれるものです。簡単な管理画面が用意されているシステムが多く、HTMLの操作をしなくても簡単に設定
出来ます。他業務に追われてページ更新まで手が回らない!という方はこういったにぎわいシステムの導入を検討されると良いでしょう。

■デメリットはあるの?

自由度の高いページ制作をする上で役に立つ楽天GOLDですが、中にはデメリットもあります。
以下では解決策と一緒にご説明いたしますので、自社の運営体制や優先順位を考慮し、GOLDを有効活用していただければと思います。

・RMSアクセス分析の対象外になる
GOLDページはRMSと別の倉庫から情報を読み込んでくるようなイメージですので、RMSのアクセス分析の対象外になります。
【解決策】
RMSのカテゴリページを使用することで簡単にアクセス分析が出来るようになります。
まずRMSでアクセス分析用にカテゴリを作成して、アクセス分析をしたいGOLDページにこのカテゴリページのiframeを設置します。
その結果、そのカテゴリページのアクセス数=設置したGOLDページのアクセス数をカウントすることになります。
アクセス分析を確認するには、RMSトップ(メインメニュー)RMS内データ分析>3アクセス分析>カテゴリページ・分類ページランキングを見ます。
ここでは各カテゴリページのアクセス数、アクセス人数、回遊情報が見られます。

・サイトの一括修正・更新が出来なくなる
アクセス分析同様に、ページ編集作業もRMSの範囲外になるので、GOLDページはRMSとは別で更新作業をする必要があります。まとめて更新したい場合はひと工夫することで解決出来ます。
【解決策】
まずヘッダー、レフトナビ、フッター、それぞれのパーツのHTMLファイルを作成し、GOLDサーバーにアップロードします。
RMS、楽天GOLDトップページそれぞれに、上記のファイルをiframeで表示させます。パーツのHTMLファイルを更新することで、RMS、楽天GOLDトップページどちらにも反映されます。

・HTMLのカスタマイズの知識が必要
GOLDでページを編集する場合、1から自社独自の構成でHTMLを組み立てることになります。
外注でページのテンプレートを制作してもらう場合は組み立ての知識は不要ですが、バナーを追加したりお知らせのコメントを編集したりするようなその後の更新に関しては自社で行いたい場合も出てくるでしょう。
その際はオリジナルで組み立てたHTMLのどの部分を編集すれば良いのかを理解しておく必要があります。GOLDページの制作依頼をする時には日常の更新作業の負担が減るような方法を依頼したり、必要に応じて更新作業をお任せすると良いでしょう。

■申し込み方法は?

楽天GOLDはRMS上から簡単に申し込みをすることが出来ます。

① RMSトップ(メインメニュー)「拡張サービス一覧」>「オプション機能利用申込・解約」>「楽天GOLD」>「申込」を選択
② 利用規約の内容を確認の上、同意を選択。ユーザー名とパスワードをメモする。
※ユーザー名とパスワードは楽天GOLD専用のものです。RMSのログイン情報とは異なります。

以上の手順でGOLDサーバーはすぐに使い始めることが出来ます。
お申し込みが済んだらファイルをアップロードしてみましょう。ファイル名に漢字、ひらがな、カタカナや空白が入っているとエラーが発生する原因になりますので必ず半角英数字を使用しましょう。

【過去参考記事】楽天GOLDへファイルをアップロードする方法

■プランと料金はどうなっているの?

楽天GOLDは出店者であれば全て無料で利用出来るサービスです。登録料や維持費などはかかりませんので出店したらお早目に登録することをおすすめします。
初回申込時のサーバー容量は100MB~1GBの間で自由に設定することが出来ます。
申し込み後容量を追加したい場合は100MGずつ申請を行うことが出来ます。
その場合、RMSトップ(メインメニュー)「拡張サービス一覧」>「各種申請・設定変更」>「楽天GOLD 容量変更申請」を選択し、「利用容量変更申請フォーム」から申請します。
初回申込時に最大の1GBを申請した場合、サーバー容量の追加は出来ませんのでご注意ください。


以上楽天GOLDのサービス内容とメリットをご紹介しました。
RMSと比較し操作が難しい部分もありますが、その分カスタマイズの自由度が上がり、オリジナリティのあるページが出来るサービスということですね。
PCページ・スマホページ共に情報量の多いページにすることが出来ますので、是非GOLDサーバーを使ってみてくださいね。

PAGE TOP